- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

漫画制作にあたる主人公の名前

1名無しさん@おーぷん:2018/02/01(木)16:16:17 ID:Y61()
自分の名前でもええか?
8780 :2018/08/02(木)22:50:44 ID:qCT
課金厨の悪い文明に犯された神様がガチャ回しまくって扉が開くのかもしれませんな
怪盗の人のネタだけど「またザインが出た!」みたいな
架空神話大系作るスレとかあったら楽しそう
その場合神様は地元と移住組とどれだけいるんだろと思ったけど
考えたら日本の国津神と天津神みたいなもんですね、天津神側がカオスになりそうだけどw
88狗頭 :2018/08/03(金)19:44:09 ID:pus
架空神話大系は……作るのほんとに大変そう。
面白そうだけど大変そう。
マヂで作ろうとすると歴史・文化とリンクするんで
相当文化人類学の知識いりそうだなあと。
TESシリーズとか、かなり作り込んでてスゲエなあと思います。
地域・年代による信仰の形態の違いとか、習合とか。
だいたいホワイトランのヘイムスカーの演説からして
あれ一本書き上げるのも結構手間だと思う……。

それはそれとして、扉をくぐった神様の話とか一本小説書けそうだなあ。
89『私の話』 :2018/08/04(土)17:00:37 ID:Hmy
私の話?
構わないが、あまり詳しくは覚えていないのだ。それでも良いのなら。

改めて思い出そうとすると、やはり失ったものは大きい、ということになるのだろう。
最初の記憶は、どこか小さな集落で、何某かを祈る人々の姿だ。
それも大分あやふやで、どんな姿でどんな祈りを捧げていたのか、残念ながら今の私には思い出せない。
しかしそれが、心地のよいものであったことは間違いない。
私はそれを良しとして、人々も私を好いていてくれたのだと思う。……いや思いたい。
人々は何くれとなく私の世話を焼いてくれたし、私のほうも出来るだけのことはやったつもりだ。
ともあれ、当時の私は、概ね「善なるモノ」として認識されていたと言っていいと思う。

有難いことに、私は孤独ではなかった。
人々以外にも、私には親や伴侶や子供たちがいた。
今となっては、私が後に生まれたのか、彼らが後に生まれたのかは分からないが。
そもそもこの記憶が正しいのか、私も自信が持てないでいる。

ともかく、人々と家族に囲まれて私は大きくなった。
集落は街になり、街は都市になり、都市は国になった。
人々も私も変わっていった。大きく、豊かに、強く。
それでもまだ私たちは「善なるモノ」であったと思う。
それは、ただ、そう思いたいだけなのかも知れないが。

変化の兆しは、私が、あるいは人々の暮らしが大きくなりすぎた事にあったのだろう。
私と人々は、「違うモノ」に出会った。
私の声を聞かず、違う言葉を話す人々と、彼らが崇めるモノ。
良き隣人もいた。私の家族になったモノもいた。
ああ、しかし。
私たちを決して許さぬモノも居たのだ。
90『私の話』 :2018/08/04(土)17:02:22 ID:Hmy
私は戦には縁がなかったようだ。
戦に由来あるモノであったなら、異なる結末もあっただろうから。
あるいは、世界そのものが私達を必要としなくなっていたのかも知れない。
ともかく、私には大したことは出来なかった。
気が付けば、私達と人々がいたはずの国は無くなっていた。
国が消えて、小さな集落が残されて。しばらくは私も家族も人々もそこにいた。
しかしそれらは、ずいぶんと衰えた記憶がある。
私のもとを去る人々は多く、残った人々に私がしてやれた事も少なかった。
家族のなかには、消えてしまったモノも多くいた。
それでも、私に祈るものが一人でも居る限り、私はそこに在ろうと思っていた。

最初に変わってしまったのは、私の家族だったと思う。
私達の声を聞かぬ人々の望みが、私の家族を変えてしまった。
「あれは邪悪なモノに違いない」
あっけないものだ。
人々は知っていただろうか。望めば本当に私達がそうなってしまうことを。
私達の声を聞く人々はますます少なくなり、私は悟った。
いつか、わたしもそのように変わってしまうのだと。

だから私は懐かしい土地を離れる事にした。
そのころにはもう、かなり私は自分のことが分からなくなりはじめていた。
人々は引き止めなかった。
もしかすると私は流れゆく性質を持つモノだったのかも知れない。
それか、旅や扉に縁あるモノか。
そうして、扉をくぐり、私はここに来たのだ。
91『私の話』 :2018/08/04(土)17:03:34 ID:Hmy
最初に出会ったのは、耳長の娘だった。
どうやら彼女にとって、私は幼く力の無いモノに見えたようだった。
おそらくは「誰かの力になりたい」「誰かの世話を焼きたい」といった願いを持つ、善良な娘だったためだろう。
好運な出会いであったと思う。
正反対の願いを持つ者と出会っていたのなら、せっかく旅に出たというのに私は「邪悪なるモノ」に成っていただろうから。
好運と縁があったか? さて。それは私も覚えていないのだが。

次に出会ったのは、旅の彫刻家だった。
彼の望みは「美しいものを見たい」「美しいものを創りたい」だった。
だから、私はそのように映ったようだった。
彼は私の像を創りたいと言い、私は快諾した。
別に代償を求めるつもりも無かったのだが、彼は礼だといって出来上がった像を私に託した。
そして、私は、その姿を得た。

次に出会ったのは、他のモノに仕える者だった。
ひょっとすると、弱り切った私なぞより、力を持っていたかも知れない。
死と裁きの濃い気配に私は、ひどく怯えたが、それは杞憂に終わった。
彼女の望みは、既に私でないモノに捧げられており、それは私の破滅を望むモノではなかった。
それどころか、彼女からは畏敬と尊重の気持ちだけが贈られ、私はそれを甘く飲み干した。
ああ、お前が、他のモノに仕えてさえ居なければ。
巌のような信仰を持ち、邪心を抱かず、戦いを恐れず、かといって戦いを好まず。
異なるモノにも畏敬と尊重の気持ちを捧げてくれるような。
そんな者が仕えてくれたなら。

次に出会ったのは、旅の剣士だった。
善良な若者ではあったのだろうが、少々問題があった。
彼の抱いた祈りを受け取れば、私は恐らく性愛の女神あたりに成ってしまうだろう。
ろくに記憶など残ってはいなかったが、それは以前の私とはかけ離れているように思えた。
別に嫌だというわけでもないが、大分自我というものを取り戻していた私は思ってしまったのだ。
最初の神官が彼で良いのか?と。
彼も悪くはないが……少々、気が多すぎやしないだろうか。
結局、私は微笑みだけを彼に与え、その場を去った。
それだけでも彼は喜びを得られるようだったから。
92『私の話』 :2018/08/04(土)17:04:53 ID:Hmy
次に出会ったのが、あなただった。
私の話は大体、これで終りだ。
あなたは良い場所に住んでいるな。
海と、街と、川と、草原が見える。
あなたの話も聞きたくなった。
あなたはここで生まれたのか? それとも私のようにどこかからやって来たのか?
ふふ。それはいささか性急ではあるまいか?
確かに私の像とあなたとは同じ材質で出来ているが、あいにく私は伴侶選びには慎重だ。
そうだな。もしもあなたの家に訪れる者たちが、そう願うのなら。
それも、悪くないかもしれない。
93狗頭 :2018/08/04(土)23:34:09 ID:Hmy
一気書き出来る文章の量って大体3000字くらいまでな気がするな。
大体上ので2400字ちょっと。書くのにかかった時間計測しときゃ良かった。

西尾維新さんは一日二万字、森博嗣さんは一時間で6000字らしいけど
あたまおかしいんじゃなかろうかw
まあプロはそんなもんなのかも知れない。

ちなみに自分は長編を書いたことがない。
長編の導入くらいまで書いて投げ出したことはあるが。
エピソードは書けてもストーリーを書くのは苦手なのだ。
94狗頭 :2018/08/06(月)18:46:44 ID:kl5

扉亭に貼ったノアちゃん。
塗りは怪盗さんのコロッケブラシ使ったんだけど、
下地混色大目にしたせいか、あまり筆跡出なかったなあ。
使い心地はよかったです。
95狗頭 :2018/08/07(火)20:48:14 ID:f4H
駄文。
古代エジプト風の文化圏が、中世風(ルネサンス風)の文化圏と両立する考察2。

史実をもとにシミュレートすると
良く考えりゃローマ属領になった後も文化自体は影響されたものの死にはしなかったわけで。
つーか何回か没落と勃興を繰り返してる文化圏でしたな。
プトレマイオス朝自体ギリシャ圏からの侵略を受けてるしね。
キリスト教徒とユダヤ教徒の大量流入あたりから怪しくなってきて
トドメが来たのがたぶんイスラム帝国の台頭。
と、考えるとやっぱりあの四文字の神様が背景か。
となると、前提は強力な一神教が存在しない、
一神教が存在してもそこまで強くない。……のが前提かな。
96狗頭 :2018/08/07(火)20:57:15 ID:f4H
そして後者。中世風(ルネサンス風)の世界観の成立。
現実だとローマ帝国の滅亡とテクノロジーの大量ロスト、再発見がキーですが
神様やら魔法やらがあると……実はローマ帝国滅亡しないんじゃ疑惑も。
多分痛打くらっても、東西分裂どまりで収まってそう。
逆に最大勢力時も史実ほどは大きくならなさそうな気もしますが。
いやまあ、ファンタジー世界だと異民族なんぞより
よほどヤバい魔界や異界からの侵略とかあるんで
そういうので滅んだりするのありそうですが。

ただ、ゲームっぽい世界観だと思想や文化が比較的進んでるので
帝国の没落度が比較的少な目って気はします。
すくなくとも扉亭のある世界はわりとグルメだったり
風呂入ったりしてそうなのでローマンの影響つよそう。

つうわけでローマ帝国に相当する大帝国の没落がゆるやか、
もしくは没落後の継承国家がしっかりしてる。
あたりが条件のような気がいたします。

結構ガバガバ理論っぽいな。まあ駄文ですし。
9780 :2018/08/08(水)07:22:30 ID:XsO
>>89>>92
こういうの好き!扉をくぐった神様の話だ!どういう神様なんでしょう、気になるわ
>>91で出てくる神官と剣士がネシェメトさんとザインさんにしか思えないw
女神なのかなー、最後に会ったのは同じくこの地に流れ着いた神か地元の神か
色々含みを持たせてるとこが想像力掻き立てられて楽しいっす

>>94
コロッケブラシというパワーワードよ食べ物ブラシ多いよね、怪盗の人
98狗頭 :2018/08/08(水)18:59:39 ID:dXF
>>97
芸術家以外は扉亭からお借りしてます。名前は出してないけどね。
セルミさん、ネシェメト、安定のザインさん。
大系は作れねえなあ、となったので神様はイチから出直してもらいましたw
舞台はお借りしたけどちょっと題材として扉亭に置くか迷うネタっすね。

本スレ、ロビーで答えるのもアレなんで
テクスチャは大体アレであってます。
加えて下地にコンクリ壁の画像と水彩ムラ、モデペのテクスチャ追加かな。
99狗頭 :2018/08/11(土)01:13:03 ID:koN

金ドロで描いたやつ。思いがけず最優秀を頂いてしまった。
何描こうか決まらずに黒地にボヤボヤ色を置いてるうち何となく思いついたもの。
葦の原野とかそんなイメージで描いてたんだけど
存外伝わるもので、蘇生魔法とか戻れなさそうとの感想を頂けた。
しかしまあ……帰省予定があるのに参加するもんじゃないね!
その節はご迷惑おかけしました。
10080 :2018/08/14(火)07:09:05 ID:uBI
狗頭さんだったんですか、参加感謝ー
最後ミスったりぐだってて誠に申し訳…
金色の光の出がすごく綺麗だなあと思いましたん
後ろにヒエログリフ浮かんでたり虹かかってるとこすごく好き
101狗頭 :2018/08/14(火)19:57:17 ID:fsD
>>100
その説はどうも。ミスは誰にでもありますからお気になさらず。
金ドロの集計は夜も遅いですからなあ。
102狗頭 :2018/08/14(火)23:10:51 ID:fsD
版権男の娘。
似せようと思って絵柄寄せすぎたかなァ。
といっても自分ではあまり自分の絵柄の分析は出来ないんだけど。

しかしよくよく考えてみると、本人のメンタル的には
比較的女装男子に近いよねこの子。

10380 :2018/08/15(水)07:10:12 ID:B86
>>102
狗頭さんのアストルフォきゅん…だと!
可愛いです、朝から良いもの見せていただき元気出た…!
この子は外見はもろに女子ですよねえ、ミニスカートだし、ニーソガーター…
確かに性格は男の子らしいし、理性蒸発って言うほど蒸発してない感じですよね
女装ネタを生かすと、ヤマトタケルとか実装されるときも女装男子が来るのではと思ってるんや
104狗頭 :2018/08/15(水)18:42:51 ID:zt0
ちょっと手入れしてサクッと塗ってみた。

105狗頭 :2018/08/15(水)18:45:26 ID:zt0
>>103
女装のエピソードがあれば女性化する……
と油断させといてそのまま男性で実装するのありそう。
基本的に面白いかどうかで決めてそうですけどね!
10680 :2018/08/15(水)22:33:32 ID:xGl
>>104
かわいい。色つくとまた雰囲気違ってかわいい
上唇の一部が八重歯表現なのこの子からよく見るようになった気がしますわ
むちゃマッチョのヤマトタケル来たらそれはそれで…うん…まあ…
107名無しさん@おーぷん :2018/08/16(木)20:20:21 ID:oBR
明日から遅めの帰省でしばらく活動鈍くなりまっす。
10880 :2018/08/16(木)20:21:41 ID:bcu
いってらっさーい
109狗頭 :2018/08/16(木)21:08:18 ID:oBR
>>108
いてきまー
110名無しさん@おーぷん :2018/08/21(火)00:38:13 ID:gUs
書き込めるかな?おじゃまします~
ロビーで個スレの話でなかったら見つけられないとこでした
線画も塗りも安定感すごいなぁ…これは目の保養になりますわ
111狗頭 :2018/08/21(火)21:57:53 ID:LaH
帰省おわり。戻ってまいりました。ちかれた

>>110
いらっしゃいませ!
大したものはございませんが、楽しんで頂けたのであれば幸いです
11280 :2018/08/22(水)08:11:09 ID:AJy
おかえりなさーい、お疲れ様でした!
最近のトレンドは分裂したなん雑と作業gifかな?(あまりに局地的な報告)
113狗頭 :2018/08/22(水)11:05:54 ID:wsP
作業GIFってこんなんですかねえ。
アタリのデータ消失してて、ラフから開始になってますがご勘弁を。
レイヤを順番に重ねて動画にしてるだけなので
試行錯誤の過程とかは全くすっ飛ばしたものになっとります。




114名無しさん@おーぷん :2018/08/22(水)12:03:22 ID:wsP
なんか一日の休日で疲労回復できる気が全然しない
年をとるってイヤすぎる
友達と徹夜で同人誌の原稿描いてた
あの頃の自分はどこいったんだろう
イイ子だから、隠れてないで出てらっしゃ~いフフフ……
115狗頭 :2018/08/24(金)20:59:27 ID:qJ7
ペンの調子見てたら出来たラクガキ
ちなみに調子を見てたペンは不採用になった

116名無しさん@おーぷん :2018/08/24(金)21:06:25 ID:HQi
うぉっ!リアルタイムで絵があがってビビった…(歓喜)
>>113
はえ~こんなかんじでテクスチャ重ねてはるんすね~勉強になる…
>>114
友達と同人誌とか素敵!出してみたかったなあ
>>115
不採用なんですか
アナログっぽいタッチですき
11780 :2018/08/24(金)21:08:21 ID:FCX
>>115
格好いい女の子やー、バイク乗ってそう
何となく首のバンダナがw
狗頭さんクリスタでしたっけ?カスタムペン先もいっぱいありそう
今年の夏は特に普通の人でも結構体調ガタガタになってるし、疲れますよねえ
自分も未だに咳止まらんすわ
118狗頭 :2018/08/24(金)21:23:55 ID:qJ7
>>116
不採用の理由は「似たやつでもっと描き味いいブラシあるじゃん」ですw

>>117
疲れは大分とれてきました ビタミン剤は偉大!
80さんもお大事に
咳は長引くようなら医者いったほうがいいですよ
最近は吸入式のいい薬があったりしますし
119狗頭 :2018/08/25(土)00:50:31 ID:YVJ


金ドロに貼ったやつ。最優秀・美術賞もらっちゃった。
お題画像がSCPネタだったので一応踏襲して
毛がなく、人間のような目を持った生物
どの方向からでもこちらを見ているように見える
という点は踏襲してみた
こっちを見てないって?
テクスチャにお気づきいただけただろうか……
まああんまりお気づきいただけてはいなかったようです
12080 :2018/08/26(日)00:03:44 ID:pj4
>>119
ねこです。おつかれさまでした
参加ありがとうございましたー
狗頭さん、この前から金曜ワンドロすごいっすねえ
背景のテクスチャは波紋のように見えて猫から滴る水滴から水彩がテーマなのかなーとか
まさか猫は液体であるが裏テーマ?とか思ってたにゃん…
SCPネタ踏まえてもらってたとはありがたや
次回どんなテーマか楽しみにしておりますー
121狗頭 :2018/08/26(日)11:18:11 ID:HM6
背景のテクスチャはこう…
猫が目玉だらけのキモいテクスチャ使ってたんで
偽装のためにキレイめのやつにしたんですよね
ちょっと偽装ききすぎたかもw

次回テーマは……犬ってのも安直だし、どうしようかなぁ
122狗頭 :2018/09/02(日)22:55:58 ID:uqy

イケメンスレに貼ったやつ。
ペンの調子を見るために描いたやつなんだけど
自分、年がら年中ペンの調子見てんな。
線画ブームが来てるから仕方ないね。
123狗頭 :2018/09/04(火)19:21:32 ID:lax
IDがシャンプーメーカーみたいだった
スーパーリッチ!
12480 :2018/09/04(火)22:20:54 ID:zaA
>>122
イケメーン!
というかきれいなエルフのお兄さんですね、美形も上手いにゃあ…
眉を太目に描くと凛々しい感じになりますねえ
狗頭さんはいつもいろんなブラシやテクスチャを研究してる感ある
求道者タイプというか技術者タイプというか
125狗頭 :2018/09/04(火)23:00:25 ID:lax
>>124
どうなのかなー……
とりあえず使わないであろう機能やブラシも
一回は試してみるタイプではありますなあ……
アナログ時代に触った画材もかなり多いので
単に画材マニアなだけかもしれません
126狗頭 :2018/09/05(水)21:34:08 ID:lXA

酒場に貼ったやつ。もう何が何やら。
127名無しさん@おーぷん :2018/09/08(土)00:42:24 ID:yZq

金ドロ参加作 お題「スシネタ」
VIP賞狙いで描いたやつでした 無事VIP賞ゲット
ひとつ前の絵といい、何でこんなもん描いたのか自分でも良く分からない
疲れてんのかな……
12880 :2018/09/08(土)00:57:19 ID:39H
>>126
このネシェメトさんすごい好きw
臨場感ありすぎでしょう、漫画の一コマ風なのがまたいいなあwww

>>127
これ狗頭さんだったのwww
カオスの極みでしたね、いいぞーこれ!どういう経緯で誕生したのか気になるw
モルダーあなた疲れてるのよ?ゆっくりおやすみなさいませなのですよ!
ワイも明日はゆっくり寝るぜ!
129狗頭 :2018/09/08(土)12:32:42 ID:yZq
>>128
一夜明けても自分で自分が良く分かりません、サー!

たしか皿描いて、軍艦巻描いて、何が具だったらイヤかなあと思って
人間入れたけど顔は生々しいなあと思ってひっくり返し
これ倒れそうだわと思って、おむすびにして
足が寂しかったので網タイツ穿かせて……
この時点で眠気でテンションがおかしくなっていたのか
背景のチョイス意図については自分でも覚えていません
きっと銀河がオレに語りかけていたのだ……ギャラクシー!
130狗頭 :2018/09/10(月)17:49:12 ID:Ju3
唐突な駄文。

絵でも文でも良いのだけれど、何等かの創作に関わる者が大抵一度は患うアレについて。
「全ての感想、評価がお世辞に思える現象」!

ほんとは自分の創作物なんてダメで何の価値もないのに、
みんなお世辞で色々言ってくれてんじゃないだろうか……
と勝手にネガティブ思考に陥る、性質の悪い病です。
自分にも経験あります。

しかしコレ、よしんば全ての感想がお世辞であったとしても
少なくともお世辞を言って貰える価値はあるってことです。
世の中には、お世辞を言う気にもならんアレやコレやがあるのです。
三行読んだだけで頭痛がしてくる文章や、サムネバイバイな絵。

お世辞を言うのは実はそれなりの労力を使います。
そんな労力を割きたい、割いても良いと思ってくれる人がいるというのは
それほど悪いことじゃあないと思うのです。

まあ神絵だと言われるなら、どんな人格否定も気にならんという人には
なんの慰めにもならないお話ではありますな。
しかし「みんなお世辞しか言わない」→「私は無価値」のコンボを決めちゃってる方、
「お世辞言われるだけマシか」と後ろを向きつつ、前向きになっても良いんじゃないでしょうか。

なぜこんな話を唐突に書きなぐっているかというと、
知り合いが紹介してきたWeb小説が、正気度をゴリゴリと削って来たからです。
なんか文芸サークルの後輩さんの著作らしいんですげどね…
知り合いは、やる気を削がず、嫌味がないように問題点を指摘するにはどうしたらいいかと悩んでいました。
たぶん文章はともかく、良い後輩なんでしょうね。
私は「知るかボケ、脳みそ痛くなったわ」と思いつつ、結構長く相談にのっていたので
お世辞ってのも、手間のかかるものなのだなあと思い至ったわけです。
13180 :2018/09/10(月)18:40:52 ID:stu
あっ…(内容察し)。お疲れ様です!
身内が「ラノベの賞に送るんで添削よろ」ってものすごい量のテキスト送りつけてきた時を思い出した
お世辞言えないレベル、ものすごいわかりますわぁ…
素直な感想や日本語の指摘伝えると罵倒になりかねないあれや
感想言うのに脳のリソースどれぐらい使うかお前わかってんのか?!ってなりますよね
132狗頭 :2018/09/10(月)19:06:33 ID:Ju3
下手な文章と下手な絵だと、前者が格段に攻撃力高いのは何故なんでしょう。
後者はまだ「こうすれば良くなるのに」とか考える余地があるんですが
前者はそういう回路が開かない。とにかく苦痛。
知り合いの後輩の著作でもキツかったので
身内から直接マズい文が送られて来るとかキツそうですな……。
133狗頭 :2018/09/15(土)11:49:09 ID:LBS
駄文。

数日たって改めて思い返してみたのですが
>>130で知り合いがしようとしていたことは、実はもう「お世辞」のレベルじゃないですね
自分の出所が明らかな状態で、相手の作品の長所と短所を洗い出し、
適切なアドバイスと相手への理解を怠らない……というのは、もはや「批評」かなと。
わざわざ私にまで相談をしていたのも、極力客観的な視点を維持をするための情報収集でしょう。
翻ってみると「批評してほしい」と言うひとは
勇気がある反面、実は大きな要求をしているのかもしれません。
まあ世の中には、相当にまずい批評も沢山ありますので
「まずい批評もウェルカム」と言っている心の広い人なのかもしれませんけど。

お世辞・感想・意見・批評の区別って難しいですね。
でも精々匿名のネットで得られるのは前二者までだと思います。
匿名じゃないなら、意見や批評も得られそう。

こんなことをつらつら書きつつ、お前の文も三行読むだけで頭痛するんじゃねえの?
とか自省をしたものの三秒くらいで忘れます。
最近はちょっと文字脳なのかもしれません。
134狗頭 :2018/09/16(日)11:14:48 ID:vr9

扉亭に貼ったやつ。

ネシェメトが贈り物をするなら、
医薬品か故郷の品だろうなあ……という発想の絵。
結局両方取り入れた。

エジプトは最古かそれに近いガラスの生産地で
プトレマイオス朝のころには吹きガラス工芸がすでにあったとのこと
ファンタジー世界でエジプトっぽい国が生き残っていたのなら
きっとガラス工芸で生き延びているんじゃないかな。
135狗頭 :2018/09/21(金)21:47:26 ID:zv1
ガラスの起源をちょっと突っ込んで調べてたんですが、
どうやら最近の学説だと西インドおよびメソポタミアの東とする説が有力らしいすね
エジプト起源の学説はかなり昔のものだとか。
アレクサンドリアが世界的なガラス生産地だったのは事実なので
ガラス生産がかなり古くからあったのは間違いないんですが。
身の回りにあふれているのに、存外起源が分からないものって多いんだなあ
136狗頭 :2018/09/22(土)11:21:22 ID:bAZ
休日なので、オリヴァー・サックス氏のエッセイなんか読んでたりしたのだが、
「記憶は誤りやすい」という話の中でさらりと恐ろしいことが書かれている。
筆者が幼い頃体験したと思いこんでいた出来事が
実際は他人から聞いた体験談でしかなかったという話。
そのくらい脳みそってのはアテにならんよということなのだが、話はそれだけで終わらない。
頭に浮かんだアイデア、構図、文章、メロディ、etc……
それらすべてが自分で考えたものだと思っていたのに、
肝心の脳みそが嘘をついてたとなれば、
このご時世、剽窃(パクリ)の烙印を押されるのだという恐ろしい方面へ話は展開する。
むろんネタ被りがないかのリサーチはある程度すべきだろうが、
世の創作物の全てを網羅出来るはずもない。
筆者は特に具体的な解決策は提言せずに話は終わる。
(もちろんこの風潮を歓迎していないと思わせる引用は複数あるのだが。)
元々、脳科学に関するエッセイなので仕方ないところではある。
私としても恐ろしい話だとは思うが良い解決法は思いつかない。
作中で引用されている訴訟の話でも、
裁判官は被告に同情的であったが、結局賠償は命じたそうだし。
願わくば記憶のあてにならさについての周知がすすみ、
意図しない剽窃について、世間の目がもう少し寛容になることを望むのみだ。
……ってなことを書いてると、
お前はパクリ擁護なのか!とか言いだすメンドクサイ人がいるんだよなあ。
世の中、ままならないね。

あ、オリヴァー・サックス氏の著作はおすすめです。
バリバリの文系の私が呼んでも分かりやすく
脳みその不思議アレコレについく面白い話が読めます。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





漫画制作にあたる主人公の名前
CRITEO