- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

たていすかんなにのまくきはし

1コテ◆CSZ6G0yP9Q:2018/09/25(火)17:10:45 ID:GC3()
てすと
2コテ◆kNAKov0Pwo :2018/09/25(火)17:36:35 ID:GC3()
よし
3名無しさん :2018/09/25(火)18:14:30 ID:X0e

4名無しさん :2018/09/25(火)18:16:53 ID:X0e

images.jpg
5名無しさん :2018/10/05(金)15:13:46 ID:Mh7
一世風靡セピアの一員として『前略、道の上より』でレコードデビュー。
映画デビューは、'88年、和泉聖治監督の『この胸のときめきを』。
TBS・TVドラマ『とんぼ』、映画『オルゴール』での新人らしからぬ存在感が認められ、一躍脚光を浴びる。
'90年、東映Vシネマ『ネオチンピラ・鉄砲玉ぴゅ~』(高橋伴明監督)が大ヒット。
以後、哀川ブランドにはずれなしと『とられてたまるか』『ろくでなし』『極楽とんぼ』『組織暴力』『三匹の竜』『ながれもの』と、ヒットシリーズを生む。
'91年の『獅子王たちの夏』で、破滅的なアウトローを力演し、ヒット。『勝手にしやがれ!!』『復習』『修羅がゆく』『借王 シャッキング』『修羅の道』がシリーズ化される。
助演では『白い手』『棒の哀しみ』『うなぎ』『鬼火』の好演が評価される。
'95年に『BAD GUY BEACH』で「あいかわ翔」として監督デビュー。
'04年初舞台『アボルダージュKANSAI SUPER SHOW』で土方歳道を演じる。
尚、'99年に「第8回日本映画プロフェッショナル大賞」、'02年に「第1回DVシネマ大賞」でそれぞれ最優秀主演男優賞を、又'04年には「第13回日本映画批評家大賞」でベストパーソナリティー賞を'05年には『ゼブラーマン』で「日本アカデミー賞優秀主演男優賞」を受賞。
演技以外でも「第17回日本メガネドレッサー賞」、「ベストファーザー賞2004」など受賞。近年は強面のキャラクターだけでなく、雑誌やテレビで頼りになる芸能人像や、よき上司、父親像の視聴者(読者)投票ランキング上位に登場するなど幅広く活躍している。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





たていすかんなにのまくきはし
CRITEO